HOME>イチオシ情報>移動販売でお店を出すときに役立つ基礎知識

営業許可を取る

キャンピングカー

福岡は観光地ということもあり、キッチンカーでの出店に人気の地域です。これから出店したいけれど何から始めたらいいのか分からないという方も多いはずですが、まず必要なのは地域の保健所に営業許可証を取ることです。営業に必要な条件は各保健所によって異なるため、条件を確認するために管轄の保健所に相談してみるのがいいでしょう。条件には調理場と運転席は区切られているか、換気はされているかなど複数のキッチンカーの施設基準の確認があります。また「食品営業自動車」と「食品移動自動車」の2種類があります。食品営業自動車は簡単な調理のみ可能、食品営業移動自動車は調理不可で包装済みの食品のみの販売となります。

仕込み場所の確保

焼き肉

キッチンカーでの出店は、食品営業自動車の免許を取っても生ものの扱いは禁止、加熱処理や盛り付けなど簡単な調理のみとなっています。そのため、いずれにしても仕込み場所を別に確保しなければなりません。仕込みが必要な場合、保健所の営業許可を持った店舗や施設で行うことになり、その申請も必要です。つまり、自宅での仕込みも衛生上禁止されている状態です。仕込み場所はシェアキッチンの利用、知り合いの飲食店を借りる、仕込み対応のキッチンカーを購入するなどがあります。福岡なら都会なので、シェアキッチンの需要も高く、探せば見つかる可能性も高いでしょう。

販売する場所を探す

肉料理

キッチンカーは移動販売が可能なため、大げさに言えばどこでもお店を出すことができるのですが、もちろん許可なく出店することはできません。これは保健所の営業許可証とは別で、実際に出店する土地の持ち主に許可を取らなくてはならないということです。出店場所は主にスーパー、本屋、ホームセンター、公園などの場所があり、またフェスやフリーマーケットなどのイベントも可能です。土地の持ち主に自分で連絡して交渉してもいいですが、インターネットで出店募集の情報を探すこともできます。福岡であれば出店募集も多く、またイベントも豊富なので探しやすいでしょう。

広告募集中